降雪除雪26年除草開始224

 

 

 

 

 

 

 

2月初旬・中旬と関東地方は大雪が降り、自坊も真っ白になりました。私の所は、人々が通る道路から枝分かれをし100m以上家族で雪かきをしなければなりません。雪かきには順番があり、最初に新聞配達の人と郵便屋さんが通るバイク道を確保することです。続いて、車庫から道路まで50m以上車幅枠で除雪。続いて、新聞配達の人が通る市道を車幅で100m。続いて庫裡から駐車場までを除雪し、墓地の通路を綺麗にします。これを、私と妻で行います。2週連続は、大変でした。2回目の大雪では、写真にある残った雪を大沢建設さんの重機が綺麗にして下さり、境内の参道は墓石工事のついでに小澤石材店さんが綺麗にして下さいました。感謝 感謝でした。

さて、今日の午前中は、今年初めての除草をしました。本当は、本堂の屋根から落ちた雪が槇の枝に落ち、小枝が折れたので片付けようとしたところ草が出ていたので始めたのが始まりでした。半日草取りと木の下の掃き掃除でした。御前立ち薬師様の周囲が多少綺麗になりました。これから初冬までの10ヶ月、草と格闘が始まります。御檀家さんにも助けを借りて、気持ちよいお墓参りの環境づくりを頑張りたいです。昨年は頸椎の異常で草取りが十分できず大変でしたので、首を大事にしていこうと思います。

カテゴリー: 住職の体験, 住職の思いや考え   パーマリンク

コメントを残す