洋瓦でいいのかな

82洋瓦避雷針

家の改修工事から起こった屋根の素材の疑問でしたが、調べることも偶然に大きなヒントとなるご意見をいただきました。その方は、長く建築経営をなさった方です。「家のメンティナンス工事をして大変ですね。工事をすると家が長く持ちますからね。でもお金がかかるね」といいます。「10年に1回塗装する計画ですから」と私が発すると「スレ-ト瓦は、軽くて地震に強いから。日本瓦は、瓦が落ちないように瓦桟にかけて止めるのに対して洋瓦は、釘を何カ所か打ち込むので屋根全体を強化するから、屋根全体がゆがまないよ」「日本瓦は、棟をやられて大変だ」

私は、和瓦と洋瓦をそこまで考えず見栄えと屋根全体が軽くなる位の意識でいましたが、とても参考となるご意見でした。〇〇林業の方は、そこまで説明してくれなく、10年後、20年後に安易な考えで損得を考えた素人考えを反省させられました。日本瓦の良い点が沢山ありますが、最初にどのような建物を建てたかったかの原点を忘れていたようです。私は、寺のイメ-ジとは変わったすっきりとした家が欲しかったのです。

それにしても、早川住装の職人さんは丁寧な仕事をしています。師弟関係も良いのが大きな影響となっているのでしょうか。但し、工事が始まっているにもかかわらず営業兼工事管理者である松〇サ-ビスの須〇さんは、一度も現場に顔を出していません。人手不足の会社なのか、契約を取ると終わりなのかちょっと不安ですね。早く、顔を出して欲しいですね。

 

カテゴリー: 住職の体験, 住職の思いや考え   パーマリンク

コメントを残す