師弟関係のすばらしさに触れて

93改修工事

住居の改修工事の時期が来ました。家を建てる時は、メンティナンスの事など気にせず家を建てました。施工業者からは、その時期と費用が提示されました。それよりも、旧居のマイナス面をプラス面に変えることが中心で、まず南向きで本堂と廊下でつなげないこと。後で、大変な失敗と気がつきました。

さて、あと二年で規定の補修工事がきます。一見さんですが、親会社が有名なのと担当者の熱意で契約を結びました。しかし、仕上がりがどうなのか不安等と背中合わせで一ヶ月半の工事が開始されました。しかし、そこは、大きな会社なので職人さんも穏やかで丁寧な仕事ぶり時間厳守です。二階の屋根が塗り終わり軒下も進んでいます。「今日は、どこをするのですか」と伺うと、「二階の屋根をもう一度塗ります」あんなに綺麗に塗り時間も夕方5時を過ぎても「もう少しきりのいいとこまでやります」と言っていたのにもう一回塗る。しかし、塗り始めて分かりました。1回目の塗りは平面的な見栄え、2回目は立体的に見える塗り映え。明らかに綺麗です。この会社とてもDSC84二度塗り丁寧で瓦の合わせ目は、ハケも使います。

塗装屋さんが四日見えると感じることがあります。毎日二人で見えますが、親子関係でないそうです。一人の方は、親方といえる年齢でもう一人は見るからに若いです。時々、親方が若い職人さんに何か教えています。若い人は、頷いて黙々と続けます。ある時、「若い人、真面目ですね」と話しかけると「今は、一ヶ月位来ると辞めるのに彼は、長くもっているね。一人前になると思いますDSC82師弟

よ」大変重みのある言葉です。若い方は、黙々とペンキ缶の処理をしています。どの世界も師弟関係は厳しく、見る目は優しいですね。10年に一度、百万単位で補修がかかる西洋瓦ですが良い面は、家全体がスマ-トに見えて重量が軽いだけでしょうか。今、施工前の瓦、一回塗りの瓦、二回塗りの瓦を見て、契約して良かったと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す